避妊・去勢手術について

避妊・去勢手術を希望される場合は、直接来院されるか、お電話にて予約を受けつけております。その際、以下の注意事項をよくお読みになり、ご連絡ください。

 

手術前日・当日の食餌について

  • 前日・・・夜ご飯を済ませた後、絶食を開始。飲水の制限はありません
  • 当日・・・引き続き絶食。朝9時以降は飲水も制限してください
  • ※絶食は麻酔中に誤飲を起こし呼吸ができなくなるのを防ぐためのものです。外猫などで絶食ができない場合はご相談ください

 

手術当日の流れ

  • 来院・・・朝8時30分~9時30分頃にお連れ下さい。そのまま預かります。ただし大型犬、気性の激しい犬は11時45分頃にお連れ下さい。
  • 手術・・・診察終了後に行います。立ち合いは不要です。なお、優先すべき緊急な手術・処置等が発生した場合、当手術を急遽延期せざるを得ないことがありますのであらかじめご了承ください
  • お迎え・・・夕方5時~5時30分頃のお迎えをご予定ください。ただし、術後の状態が悪い場合は入院となります

全身麻酔の危険性について

  • 手術は全身麻酔で行います。人のように十分な検査を行えないため、麻酔や手術の影響などにより具合の悪くなる子がいたり、命に関わるようなことも皆無ではありません。また年齢の上昇(8歳以上)、フィラリアやエイズ・白血病ウイルスなどの感染症によって危険性があがります。心配な方は、手術当日の血液検査をおすすめします。
  • 当日の体調にも麻酔の影響が関わる場合がございますので体調を崩している様子(食欲がない・下痢・熱)がみられた場合は手術を延期されるのが賢明です。
  • 充分なご理解がいただけない場合は手術をいたしかねますのでお申し出下さい

手術について

  • 手術は生後6か月以上から行うことが出来ます
  • オスは精巣摘出、メスは開腹の上、卵巣および子宮を摘出します。
  • 犬のメスは、発情期(陰部より出血)および終了後1か月間は手術を避けてください。手術予定日に出血が始まった場合はお早めにご連絡をください。
  • 猫のメスも、発情期は手術を避ける方がよいのですが、妊娠の危険がある場合には、手術を行うこともあります。
  • 妊娠中の手術は、大変危険ですので、基本的にはお断りしております。ただし、望まれない子が生まれる場合などは、危険性をご理解いただいたうえで引き受けることもあります。
  • 出産後は、1か月以上空けてから、手術を予定してください
  • 術後、当院ではエリザベスカラーの装着は義務にしていませんが、希望によりお貸しすることはできます。

ノミの駆除・予防について

  • 術前のノミ駆除をお願いしています。万が一、術中にノミが見られた場合は駆除代として(3000円~)請求させていただきます。また、ノミがいない場合も、院内での感染のリスクがありますので、予防をおすすめします。
  • 駆除・予防方法は、当院が指定する動物用医薬品の使用をおすすめしています。詳しくはお問い合わせください

オプション(ご希望の際はお申し出ください)

  • 歯石除去を同時に希望される場合は、別途3500円~(歯石の付着の程度による)必要です
  • 犬の術前の血液検査(血球検査、血糖、肝・腎機能、フィラリア検査)を希望される場合は5000円です。
  • 猫の術前の血液検査(血球検査、血糖、肝・腎機能、エイズ・白血病ウイルス検査)は、7500円です。ウイルス検査のみ希望の場合は3000円です。
  • 術後に化膿止め(抗生剤)を処方しますが、お薬を飲ませられない場合や、心配な方は、2週間効果の続く注射薬があります。(体重1kgあたり600円必要です例.3kgの犬は1500円です・猫は一律2000円です)

手術費用(簡単な身体検査、麻酔料、手術料、内服薬代、消費税を含みます)

  • 犬避妊□10kg未満:25000円□10kg~15kg29000円(5kg増すごとに+4000円)(税込)+診察料
  • 犬去勢□10kg未満:18000円□10kg~15kg21000円(5kg増すごとに+3000円)(税込)+診察料
  • 猫避妊 18000円(税込)+診察料
  • 猫去勢 12000円(税込)+診察料
  • 7~10日後に抜糸を行います。(抜糸代800円)
  • ※手術中に緊急事態回避のために別途薬物を使用した場合、また予定外の沈静、麻酔処置を行った場合などは、上記の料金に若干の加算があります。